<<  main  >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

アートヴィレッジ大崎 その2
目黒川沿いに巨大なピーマンがあったり、アタマが異様に長いドワーフがいたり、床が光ったり、円盤みたいな屋根がついていたりと不思議なスポット満載のアートヴィレッジ大崎ですが、今日散歩していてひとつ発見がありました。


アタマの長いドワーフのならびにある、このロボットのアタマみたいな謎のスタンド。ずっと気になっていたのですが、実はカメラだったようです。ここで撮影された映像がエンボス加工されて、後ろの巨大スクリーンに映し出されます。


ちょうどUFOみたいなデッキの部分からよく見えるので、ひとりはそこでデジカメやケータイをかまえ、もう一人は下でロボットみたいなカメラの目の前に立つ……なんて記念撮影ができそうです。恥ずかしいので自分じゃ、やりませんけど。

ちなみに「NANJO and ASSOCIATES」というところがアートプロデュースしているようです。探せばまだまだ面白い仕掛けが見つかりそうですね。

■NANJO and ASSOCIATES(現代美術 アートコンサルティング)
http://www.nanjo.com/projects/publicart_corporateart/top_publicart_corporateart.html
他にもテナントとして入る予定の店舗をお知らせしようかと思ったのですが、すでに駅にポスターが貼ってあるのでそちらにお任せします。1月22日(月)がレストラン街のオープンみたいです。それにしても、ついに大崎に「大戸屋」ができるとは……
あとは個人的に「松屋」と「TUTAYA」ができれば文句ないんですけどね。
スポンサーサイト
Comment








Profile

Category

Link

Entry

Comment

Trackback

Archives

Recommend

Search

Feed

Others

Sponsored Links

Mobile