<<  main  >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

東京ディズニーシー


というわけで、何の脈絡もなしに東京ディズニーシーへ行って来ました。

夏休み最期の週末ということで、混雑は覚悟していましたが、いただきモノのパスポートの期限がもうすぐ切れてしまうのでもったいないからアトラクションはあきらめて綺麗な景色を楽しみに行くつもりで……と思っていたら、予想外の出来事が続出で存分に楽しむことができました。


新アトラクション「タワーオブテラー」がオープンしたらもっと混むんじゃないかと思い、あえてこの時期を狙って行ってみたのですが、なんと一足先に「タワーオブテラー」に乗れてしまいました。噂によると8月29日頃までゲストの反応を見るためとキャストさんのトレーニングを兼ねてこっそり公開しているのだそうです。
感想としては、「つまらない」と評判だったディズニーシーが、これによって盛り返すんじゃないかってくらいに面白かったです。
エレベーターに乗って落下するというただそれだけの仕掛けなのに、そこへ至る過程がとても新鮮でした。待ち時間の間にハイタワー3世が世界中で収集した骨董品を見ながら進むのですが、そこの場面だけで終わってもいいというくらいに興味深い調度品の数々。待ち時間がまったく苦になりません。写真、真ん中は暖炉の模様。なんか洒落が効いててこういった悪ふざけを見つけるのも楽しみのひとつです。
ほかにもホテルの浴場をイメージしたお土産屋さんも併設されていて、その壁画もすごく楽しくてじっくり眺めてきてしまいました。

■タワー・オブ・テラー
http://www.tot1899.com/

あとで気づいたのですが、公式サイトの物語を読んでいくともっと楽しめたのかも知れません。ホテルハイタワーを建設した実業家のハイタワー3世は、S.S.コロンビア号を建造したエンディコット3世のライバルという設定があって、アメリカンウォーターフロント周辺を歩きながらいろいろ妄想を膨らませることができます。


他にもチップとデールがきちがいのように笑いながらゲストにホースで水をぶっかけるというイベントや、新しいショーをやっていましたが、どれも楽しそうな感じでした。特に「レジェンド・オブ・ミシカ」は、見る場所によって来るキャラクターが違うので、一カ所に座っているより、人の流れに逆らわずのんびりと歩きながら鑑賞するのが正解なんじゃないかと思います。
ただ、大きなショーは充実していたのですが、前にシーへ行った時にたくさんいた路上でパフォーマンスをしている人たちがすっかりいなくなっているような気がしました。ジャングルで大量のサルに出会ったり、口笛吹きながら縄跳びをする外人がいたりして、歩いているだけで楽しいのがシーの良いところだったのですが……
やっぱり不景気なので経費削減にリストラ?



お昼ゴハンはシーで一番高いレストラン「マゼランズ」のランチを食べました。地球儀と天体図を囲むようにして配置されたゴージャスな席で、普段絶対に食べないようなフルコースをナイフとホークで悪戦苦闘しながら食してきました。
とても他のキャストと同じ時給で働いているとは思えないお姉さんたちの気品とか、お店の雰囲気に驚きました。
席へ案内される途中、壁際の本棚が動いて人が入っていくのが見えたのでお姉さんに訊いてみると、奥は隠し部屋になっていてその日はシャンパン・セミナーが開かれているというお話でした。ディズニーランドでいうクラブ33みたいなVIPルームなんでしょうか?


アトラクションを楽しむにはちょっとしたコツがあって、例えば朝の開園直後はみんなが走り込むようなアトラクションは避けてファストパスだけもらってマイナーどころをおさえます。ショーの場合、それほど混雑していなければ開園の直前に行けばほとんど待たずに入れます。あと、やはりメディテレーニアンハーバーでやるショーの間はみんなそこに集まるので、その間に人気アトラクションに行ってみると以外と20分待ちくらいで乗れてしまったりします。ショーが観たかったら、ショーを最期まで見ないで終わる直前に移動しはじめるとそこそこ列が減っています。
そんなこんなで、混んでいるにもかかわらずのんびりと遊んだあとに、S.S.コロンビア号の中にある「テディ・ルーズベルト・ラウンジ」へ行きました。ここがまた不思議な空間で、バーのカウンターには木彫りのクマが立って屋根をささえています(4匹いるうちの一匹は魚をかじってサボってますが…)。他にもルーズベルト大統領にちなんだコレクションや諷刺画が飾ってあって、まわりを見渡すだけでも飽きませんでした。ちょっと割高ですが、お酒が充実しているのでカップルにオススメです。あまり知られていないのか、ガラガラでした。
これまたあまり知られていないのか、S.S.コロンビア号は船内が歩けて、船首にも出られてしまうのです。もちろん、映画『タイタニック』の名場面を再現することも可(笑)


東京ディズニーシーはもともとオトナ向けの渋い作りになっているので、楽しみ方のコツをつかむまで時間がかかりますが、勘所をつかむとどんどん楽しくなっていきます。まあ、パスポート代は高めですが、ちょっとリッチに散歩する気分で行くのがいいのではないでしょうか。一日いると疲れるので、夜だけ入れるパスポートなんかを利用するといいと思います。品川区民なら、JRやりんかい線で片道1時間くらいですし。
スポンサーサイト
Comment
ディズニーランドも楽しいですけど、シーも良いですよね。我が家もお気に入りです。大崎からだと時間もかからずに行けますし。

タミオさん、いろいろ詳しいですね。しかもタワーオブテラーに乗ったとは! うらやましいっ!!

そういえばシーには最近行ってないなぁ。レイジングスピリッツにもまだ乗ったことがありません。っていうか、行ったとしても絶叫系が苦手な奥さまは一緒に乗ってくれそうもありません・・。タワーオブテラーも微妙です(笑)。
Posted by: だんな |at: 2006/08/27 10:47 PM
うちのヨメも絶叫系は苦手なんですけど、タワーオブテラーはわりと平気そうでしたよ。たしかに怖いといえば怖いのですが、落ちる衝撃というより、フワフワ浮かぶ感覚を楽しむような感じなので、他のスプラッシュマウンテンやセンターオブジアースにくらべると、怖くありませんでした。
暗いしみんな叫んでるので、絶叫しても恥ずかしくないというのもありましたし……
Posted by: 品川タミオ |at: 2006/08/28 8:56 AM
そうですか。参考になりました。どうもありがとうございます〜。

センターオブジアースは加速しだしたら一瞬なので、面白いと思うヒマもなく終わってしまう感じです。個人的には全然もの足りません(笑)。
Posted by: だんな |at: 2006/08/29 12:01 AM
スプラッシュとジャーニー(略称)は、なんか落ちる前に身構えすぎて、いつも変なところのスジを痛めちゃうんですよね。たしかに一瞬の出来事なんですけど。
タワーオブテラーは、何度か揺さぶりがあるので、他に比べると滞空時間はちょっと長めです。
Posted by: 品川タミオ |at: 2006/08/29 9:53 AM








Trackback
かねこさん2周半お疲れ様でした。
play bingo | at: 2006/10/02 8:09 PM

Profile

Category

Link

Entry

Comment

Trackback

Archives

Recommend

Search

Feed

Others

Sponsored Links

Mobile