スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

泡沫候補と呼ばれた男
みなさん、都知事選には投票しましたか?

300万円の供託金さえ用意できれば都知事として立候補できることから、毎回、泡沫候補と呼ばれる人々が出馬します。
たった300万円で「政見放送」という名のテレビスポットを購入できると考えれば、安いものかも知れません。

そこで今回、テレビなどの報道メディアではまったく取り上げられることはありませんでしたが、『YouTube』などの動画配信サイトで話題となった候補者がいました。
それが外山恒一氏です。

「この国は腐っている!」「こんな国はもう見すてるしかないんだ、こんな国はもう滅ぼせ!」「改革なんていくらやったって無駄だ!」「ぶっちゃけて言えば、もはや政府転覆しかない!」などの過激な言動を政見放送で繰り広げ、極一部で賛否両論を巻き起こしました。

先日、高円寺の駅前で歌っている彼の姿を見かけ、つい手持ちのビデオカメラを回してしまいました。選挙期間中はいろいろと制約もあったようなのでアップロードはひかえていましたが、その時に歌っていた彼のオリジナルソングがとても気に入ってしまったのでご紹介します。



彼の意見、やり方にはいろいろ批判もあると思いますが、実際に生身の彼の姿を見れば単なる悪ふざけにも見えず、それなりに主張したいことの意味も理解できる気がしました。
当初、政見放送には著作権がないことを理由に外山恒一の演説が動画サイトに転載されたましたが、立候補者の公平をきするために選挙法違反として次々に動画は消されていきました。政党・政治家・官僚が彼の存在に危機感を抱いたからだという噂もありますが、真相は不明です。
ただ、主要候補者同士の争いは連日テレビニュースなどで取り上げられ、名前も連呼されているのに、泡沫候補のささやかな抵抗は抹消されるというのも公平とは言えないような気もします。投票に行ったとき、知らない候補者の名前はたくさんありました。政見放送を見る人など極一部ですし、ポスターも支援者の数によって貼り出される枚数に限度があるでしょう。

外山恒一が都知事になれば良かったなどとはみじんも思いませんが、彼が現況の選挙制度や、有権者の認識に対して一石を投じたのは確かかも知れません。何が正しく、何が間違っているなどと一概には言えない世の中だからこそ、誰の耳にも届かない、ささやかな声にも意味があるのだと、そう思える瞬間があります。

ちなみに外山恒一は、選挙が終わったら九州に帰って私塾をひらくそうです。
■think parkのクリスマスツリー

JR大崎駅をおりてすぐ、再開発中の『Think Park』の工事現場でみつけました。
いつもは北口を利用しているのですが、ふと南口から降りてみるとなんとクリスマスツリーが!

間違えて新宿におりてしまったかと驚きました……というのは言い過ぎですが、完成予想図によると渋谷のスクランブル交差点みたいな巨大スクリーンも設置されるようですし、なんだか用がないとか、降りても何もないとか、寂れた工場ばかりと揶揄されたようなかつての大崎も味わい深くて好きでしたが、これはこれで期待も高まります。つい先日はゲートシティの中にナチュラル志向のスーパー『リラック』もオープンしましたし、今年から来年にかけてはめまぐるしく変わってゆきそうな気配です。

■Think Park
http://www.thinkpark.jp/
■リラック
http://www.gatecity.jp/event/2006_12/new_open.html

武蔵小山 一番通り
■武蔵小山 一番通り
http://1ban-dori.com/

 武蔵小山と言えばアーケードで有名なパルムですが、マクドナルドの辺りで曲がると「一番通り」という小さな商店街があります。今まで、その存在にすら気づかなかったのですが、ここがなかなか頑張っています。


 まず、驚いたのがこの紙袋。商店街で買い物をすると、こんなオシャレな紙袋に入れてくれます。
 よく若い女性なんかが出かける時に高級ブランドの紙袋を使っているのを見かけます。そこからヒントを得て作ったのがこの紙袋で、オシャレなうえに丈夫で防水加工も施されています。お客さんが毎日使いたくなるような「ちょっといい紙袋」を作れば、商店街のPRになるのではないかという発想で企画されたものなのだそうです。


 ちなみに紙袋のデザインは商店街に飾られているタペストリーとお揃いになっています。

 他にも「なつかへぇ〜」という昭和レトロ風味なイベントも同時開催されているようです。こちらはお父さんお母さんの世代には懐かしく、子供たちの世代にとっては「へぇ〜」と思えるような、そんなグッズや風景を取り揃えているそうです。

 ちなみに家内は、こちらのお店でスニーカーを買って紙袋を貰いました。
■FUTURE-SHOCK
http://future-shock.jp/

 他にも、レンタルボックスのお店が移転してきたり、今話題の親子カフェが出来たり、新しいお店も増えて、路地裏ながらなかなか目の離せない商店街になりそうな予感です。

■レンタルショウケース C3
http://c3web.suppa.jp/
■親子カフェ スキップキッズ
http://www.skipkids.net/index.html
ハチ公前に「デジタル地図案内板」

■渋谷の街に「デジタル地図案内板」が初登板,欲しい情報をその場で入手:ITpro
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20061003/249713/

 もう設置されて2ヶ月近くなるでしょうか。渋谷の駅前に「デジタル地図案内板」なるものがお目見えしました。これは動画でコマーシャルなどの情報を配信できるモニターと、タッチパネル式で周辺の施設やお店の情報を検索できる地図がセットになった便利な端末です。たとえば、お金をおろしたいときに銀行名で検索すれば一番近いATMが出てくるし、コンビニや公衆トイレなども検索できます。和食や洋食など、その日の気分によって飲食店などの検索もでき、QRコードを読み込めばお店の住所や詳細情報を自分の携帯電話に送ることもでき、クーポン券が手に入ったりもします。また、表示も英語をはじめ数カ国語に切り替えることもできます。
 まだ試験段階なので、渋谷の周辺に何体かちらほら見かける程度ですが、非常に便利なのでこれからどんどん増えていくのではないでしょうか。ただ、遠くから見ると単なる地図にしか見えませんし、タッチパネルや携帯電話との連携というのも、馴れた人間でなければちょっと使いにくいかも知れません。わざとタッチパネルを使っていろいろいじっていると、ちょっとした人だかりができ、次々に触りたがる人が出てくるので、なるべく前を通るときはちょっとしたデモンストレーションのつもりでいじってみたりします。

 今の段階では検索窓をクリックすることでしか情報が表示できないので、逆に地図に書かれた地名や施設名に触れることでも詳細情報が表示されると使い勝手がよくなるのではないかと思いました。あと、寺社仏閣巡りが趣味の我が家としては神社やお寺、文化財に関する情報も入れてもらえると助かるのになあと思います。


■インターネット活用事業 〜戸越銀座3商店街〜
http://host.toshinren.or.jp/inter/int065.htm

 戸越銀座には「戸越銀座ガイド」という、やはり無線LANを利用した情報配信システムがあるので、ぜひ切磋琢磨してどんどん便利になっていくといいですね。
ポケモンの町、下北沢

おしゃれな若者の町というイメージの強い下北沢ですが、実はポケモンの町だったりもします。写真は下北沢一番街で開催されている「ペナントギャラリー2006」に展示されている作品のひとつです。本当は秋限定のイベントでハロウィンまでの予定だったようですが、公表だったのか、まだ続いてます。

なぜ下北沢がポケモンの町なのか?
知る人ぞ知る話なので、ちょっと説明が必要かもしれません。
アニメやゲームで人気の『ポケットモンスター』を制作しているゲームフリークの社長さんである田尻智さんが最初に事務所を設立したのが下北沢だったのです。理由は単純で、当時、シモキタにはタイトー直営のゲームセンターがあって、インベーダーゲームにハマっていた田尻さんはどこよりもいち早く試作機がプレイできるそのゲームセンターに通っていたそうです。
当時、ゲームの最新情報をゲットしては研究に研究を重ねウラ技などを同人誌に発表。その成果が認められて次第にゲーム業界と深くかかわってゆくことになったのです。
今でも会社は下北沢にあります。

ファミコンブームの全盛期、ファミコン少年だった私は田尻智さんが雑誌に連載していた『パックランドでつかまえて』を毎号楽しみにしていました。こんな有名人になるとは思ってもみませんでした。なかなか時間がないのでゲームはプレイできませんが、今でもファンです。

■下北沢一番街商店街
http://www.shimokitazawa.net/2001-ichiban/index-ichi.html
■ゲームフリーク
http://www.gamefreak.co.jp/
探そうぜ、●●●●ボール !

亀戸の天神さまの辺りを歩いていたら、着物や袴で着飾った七五三の子供たちをたくさん見かけました。ああ、そんな季節なのかと思っている矢先に見つけたのがこのポスター。
一見するとちょっと昔の少女マンガか、あるいはレディースコミックのような画風ですが、ようく見ると……


なんと、子供の持っている千歳飴の部分に隠れキャラが!
あの世界的に有名なコミックの登場キャラクターのようです。好きなのはよくわかるのですが、芸があまりに細かすぎます(笑)
ウギャァァァァァァ〜!

朝のラッシュ時、駅前で見つけた猟奇的な光景。
なぜ生首? 
みんな素知らぬ顔で通りすぎていましたが、
もしかしてアレが見えていたのは自分だけだったのでしょうか?
するとこの写真も、心霊写真ということに……

場所は有楽町駅前でした。
今日の話ではなく、数日前なのですが……
サンリオ本社
サンリオサンリオ
大崎駅のホームからニューシティ側のビルを見上げると、そこにはなんと、ダニエルとプリンが窓からこちらをのぞいています。そう、大崎にはキティちゃんで有名なサンリオ本社があるのです。もともと五反田のTOC(東京卸売りセンター)にあった本社が移転してきたそうです。
サンリオといえば、社内にアーチやメリーゴーランドがあることで有名でしたが、今でもあるのでしょうか? ぜひとも一度、社会科見学に行ってみたい会社ナンバー1です。

サンリオの辻信太郎社長は「いちごの王様」としても有名ですが、もともとは文学少年で、戦後は闇市でドブロクを売り、故郷の山梨から東京に出てきてアイディアと度胸を武器に一代にして会社をここまで成長させたなかなかの苦労人。私が敬愛して止まない人物の一人です。
ビルの最上階、ダニエルが顔をのぞかせているあたりがそんな辻さんの社長室と思われます。

ニューシティのギフトゲートは本社直営なので、なんと辻社長のサイン入りの著書が売っています。それと、個人的にオススメなのは、あまり有名じゃありませんが辻社長がシナリオを書いたサンリオ版『くるみ割り人形』のDVD。復刻版が1500円で売られているのでお買い得です。当時としては最高峰の技術を駆使した人形劇だったようですが、今観ても遜色ありません。ティム・バートンの『ナイトメアー・ビフォア・クリスマス』なんかの好きな方には気に入っていただけるのではないでしょうか。

いや、べつにサンリオの回し者じゃありませんけど……

■サンリオ公式サイト
http://www.sanrio.co.jp/welcome.html

■サンリオ映画シリーズ 「くるみ割り人形」 (DVD) 【サンリオ・オンライン・ショップ】
http://shop.sanrio.jp/cm/cmc-719463/
城南スタイル
ずいぶんと古い話になりますが、『出没! アド街ック天国』で「ロックでソウルフルな街」として紹介された戸越銀座、あの番組を見ていて違和感を感じたのはギタリストのCharはともかく、その息子がやってるRIZEやDef Tech、他にも紹介されている飲み屋の雰囲気はあきらかにロックというよりヒップホップなんじゃないかなあと思ってしまったんですよね。いや、わかりやすくロックとして一括りにしたのはわかるんですけど……
実はあまり詳しいわけではないのですが、ヒップホップはもともとスラム街の黒人の子供たちが楽器を買えないかわりにレコードの同じ部分を何度もリピートさせてリズムを作り、それにあわせて自己主張的な歌詞をのせていったのがはじまりだと言います。そして、ヒップホップは音楽の一ジャンルであると同時にダンスやグラフィティ(ラクガキ)、DJなども含めての文化であり、ライフスタイルなのだそうです。

これらはアメリカのギャング文化とも関係があるといわれ、抗争を無血に終わらせるために、銃や暴力の代わりとしてブレイクダンスやラップの優劣が争われたり、ギャングたちのなわばりの主張に、グラフィティが用いられていたと言われている。ラップ、DJ、ブレイクダンスは、ギャング文化時代の名残として、フリースタイルバトルと呼ばれる対決方式が用いられることがある。
http://wpedia.search.goo.ne.jp/search/%A5%D2%A5%C3%A5%D7%A5%DB%A5%C3%A5%D7/detail.html?LINK=1&kind=epedia#.A5.D2.A5.C3.A5.D7.A5.DB.A5.C3.A5.D7.A4.CE.CD.D7.C1.C7
ヒップホップの歌詞が妙に積極臭かったり、正義感にあふれているのは、こういう出自があるからなんですね。戸越銀座商店街のシャッターに描かれたグラフィティもなかなかカッコいいのですが、最近は大崎駅周辺にもヒップホップ文化の片鱗を見ることが出来ます。夢さん橋のガラスに姿を映しながらダンスの練習をしていたり、こないだはなぜか駅前にあるニュー大崎ビルの中やゲートシティの裏側でも見かけました。そういえば駅周辺の開発がはじまる前、高架下に広場があって、そこでスケボーをやっている子供たちがいたり、カッコいいラクガキをよく見かけたものです(もちろん、どんなにカッコよくてもラクガキはいけませんけど)。

ヒップホップはもともとスラムから生まれただけあって、下町文化と相性がいいのかも知れません。西小山にはなぜかヒップホップの流れている八百屋さんがありますし、最近お気に入りの大森もなんとなくヒップホップっぽい雰囲気が漂っている気がします。品川区・大田区周辺のこの感じを我が家では勝手に「城南系」と読んでいます。ちょいワルな感じで、でも正義感にあふれている人たちのことです。ファッションとしてはやたらとキャップを被っていたり、ダブついたズボンをはいていたり、タトゥーTシャツや和柄シャツなど、ジーンズメイトや306、千金ショップ等で買えるような服装が多かったりします。よくよく考えてみると武蔵小山の激安ファッションというのもヒップホップな感じです。川崎カイヤの休日の服装もなんとなくそうですし、武蔵小山には黒人が店頭に立っているお店も散見されます。

そういうわけで、ひそかに城南系の人たちを応援しています(笑)
池上線的スクープ
昨日、朝日新聞の東京版を読んでいたらこんなニュースが……

普通電車のドア開かぬまま発車

19日午後7時40分ごろ、品川区の東急池上線大崎広小路駅で、蒲田発五反田行き普通電車(3両編成)が止まったのにドアが開かず、約20秒後に発車した。次の五反田駅に到着後、乗客2人が「ドアが開かなかった」と抗議した。うち1人は折り返しの電車で大崎広小路駅に向かった。
東急電鉄によると、池上線はワンマン運転。男性運転士(29)は「ドアを開けたつもりだったが、よく覚えていない」と話しているという。

まず苦情を言ったのが二人だけだったというのもビックリですが、
「よく覚えていない」という運転士さんの返答もネジが一本はずれてる感じでイカしてます。
いくら3両編成のローカル線だからって、のどか過ぎるにも程があります(笑)

池上線って、絶対に昭和あたりで時間が止まってる気が……
チンチン電車で有名な都電荒川線にはかないませんけど。

■BARKS - FOLK RENAISSANCE : 池上線/西島三重子(試聴できます)
http://www.barks.jp/listen/?id=52010004
Page: 1/2   >>

Profile

Category

Link

Entry

Comment

Trackback

Archives

Recommend

Search

Feed

Others

Sponsored Links

Mobile